新宿東口ハートクリニックブログ

東京都新宿区新宿3-20-5
新光第二ビル6・7階(7階 総合受付)

TEL03-5925-8741

くすり, びょうき, 日記

2019/04/27 ビタミンB1が不足すると

ビタミンB1が不足すると

脚気という病気になります。ビタミンB1は、糖質の代謝に大切な酵素であるカルボキシラーゼの補酵素の成分で、神経の働きにも重要です。不足すると糖質の分解が上手くいかないので、十分なエネルギーが作られず、体がだるくなり、神経の働きも鈍くなります。

にんにく注射について

にんにく注射の成分は、にんにくではなくて、ビタミンB1が、はいっています。注射をするときに、にんにくの臭いがするので「にんにく注射」と呼ばれるようになりました。詳しくお話すると、当院のにんにく注射は、武田薬品のアリナミンFという注射なので、フルスルチアミンというビタミンB1の誘導体が体に吸収されやすくなるように作られています。吸収がよいので、疲れのとれやすさに繋がっています。疲労回復にオススメです。GWに突入しましたが、診察は、いつも通り行っています。4/28~5/6の間は、9時~20時までの診察です。4/30のみ、休診日となります。普段、疲れがとれにくい方は、この機会ににんにく注射、お試ししてみて下さい。