新宿東口ハートクリニックブログ

東京都新宿区新宿3-20-5
新光第二ビル6・7階(7階 総合受付)

TEL03-5925-8741

びょうき

2019/04/13 性同一性障害とは? その4

主な治療法

1.精神療法

2.内分泌療法(ホルモン療法)

3.外科的療法

パートナーシップ制度

同性カップルを、自治体が公に婚姻に準ずる関係として証明する「パートナーシップ制度」。恋愛の対象が、同性のカップルにとって、新たな選択肢の一つとなっています。体の性と心が一致しないトランスジェンダーの人にとっても、活用できる制度です。

2003年に「性同一性障害特例法」が制定され、戸籍上の性別を変更できることになりました。そのためには、医師から「性同一性障害」の診断を受けた上で、性別適合手術を受ける必要があります。しかも、生殖腺を永久に欠くという厳しい条件が課せられます。経済的にも身体的にも負担が大きく、手術を受けるのは、診断を受けた人の2割に留まっています。一方、自治体のパートナーシップ制度は、「戸籍上同性」のカップルが対象で、戸籍上は同性のままでも、二人の関係を公に認めてもらう手段として、とても活用しやすい制度だと思います。